あんなに高い支持率を誇った安倍内閣も数々の醜聞によって支持率が急落。

 ここへきて人心一新を図るべく内閣改造を行ったということだろう。


 どちらにしろ自民党に代わる政党は存在しない今、自民党政権は安泰だろう。


 しかし、そもそも安倍内閣を支持していたといっても積極的な支持ではなく、ほかにいないからといった消極的支持が圧倒的だったからちょっとしたことで支持率が急落となるのだろう。


 今回の内閣改造は守りの内閣改造って感じだね。


 暗いとか新鮮味がないとかいう評価もあるようだが、要は着実に仕事を実行してくれるかであって、順番だからところころと大臣が変わっていいものとは思わない。


 サラリーマンの世界でも定期人事異動というのがあるが、あれって必ず必要なものだろうか。

 適材適所で行った方が良いのではないか。