今日は北朝鮮(朝鮮人民共和国)の建国記念日だという。

 どういう過程を得て建国に至ったかは詳しくはない。


 第二次世界大戦以前、朝鮮半島は日本の統治下であった。

 終戦時には日本同様、朝鮮半島も連合軍の統治下にあり、北半分はロシアが占領していたという。


 そして南半分が大韓民国として独立を果たしたことによる対抗処置としてロシアが、当時ソ連の軍人であった金日成を首相として担ぎ「朝鮮民主主義人民共和国」を作らせたのが1948年の今日。

 以上が大まかな話らしいです。

 もし、間違い等があれば指摘していただきたいと思います。


 北朝鮮国内では華やかに祝賀行事が行われているようですね。

 それは自由ですので.派手にやっていただければよいのです。


 しかしながら、世間はミサイル発射や核実験が行われるのではないかと戦々恐々。


 為替市場も株式市場も戦争が始まるのではないかと疑心暗鬼に陥っています。


 いまのところ何も行われていないようですが、何とかこの局面を平和裏に収めていただきたいものです。