[K]気楽にいこうよ!



KIKUHIRO オフィシャルブログ

こころの定年後の生活をエンジョイしながら早期リタイアを目指します。

  笑顔と感謝の心を忘れずに
  目指すは経済的自由人!

海外

「ベルギービールウィークエンド」に行ってきました。

 ゴールデンウィーク真っただ中、皆さんはどうお過ごしでしょうか。

 私の会社はこよみ通りのお休み。

 月曜と火曜日は仕事でした。

 火曜日5月2日は仕事が終わってから同僚の女性二名と一緒に久屋大通公園 久屋広場・エンゼル広場で行われている「ベルギービールウィークエンド」に寄ってきました。


 事前にデパ地下で食料を調達し会場へ。

 次の日からゴールデンウィーク後半とあって会場はたくさんの人で混雑しておりました。

 同僚の女性から誘われたことと、雰囲気を味わってみたかったので行きましたが、そんなに飲む方じゃないというか、一杯で十分な私にとってはビールを楽しむというより、残り少ない同僚との時間を過ごす楽しい時間となりました。

 ベルギービールといえば2002年にオランダ、ベルギーに旅行に行った際にいろいろなビールをいただいたのですが、その中にまるでジュースと間違うようなフルーティなものがあったのを思い出します。

 またいつか行ってみたいものです。

労働者の権利保護

 このほどスペインの列車の運転手が列車を運転中にもかかわらず勤務時間の上限に達したからとの理由で突然列車から降り、100人以上の乗客が車内に取り残された。


 このニュース、日本なら絶対にありえないと思うんだが、ヨーロッパではありなんだろうなって思う。

 わたしが初めて海外旅行でドイツ、スイスを巡るツアーに参加した際。


 労働時間への規制が大変厳しく守られていると感じた。


 ドイツからスイスへと巡るツアーは初日から最終日まで同じ運転手が同じバスでの行程になるのだが、一日の勤務時間の上限が厳しく制限されており、上限を超えて運転すると厳しい罰則があると聞いたことがある。


 そのため、移動の際の運転手と現地での運転手を変えなければならなかったりするのだという。


 特にホテルへ着いてから夜間に出かけることがある場合は別運転手になることが多いようである。


 これだけを見ても労働者保護が厳格に守られており、日本よりも進んでいるなって思った記憶がある。 

プロフィール
忍者AdMax
Ads by 忍者AdMax
free counters
スポンサーリンク
カウントダウンタイマー
最新コメント
記事検索
カスタム検索
カウントダウンタイマー