[K]気楽にいこうよ!



KIKUHIRO オフィシャルブログ

55歳で夢の早期リタイアを果たした筆者がストレスフリーでの生活を目指します。

  笑顔と感謝の心を忘れずに
  目指すは経済的自由人!

健康・福祉情報

私も突発性難聴になったことがあります。

 最近は有名人が患ったりしてかなり認知度が上がった「突発性難聴」という病。


 実は私も発症したことが有るのです。


 もうすごく昔で正確には覚えていないのですが、20年前後前のことだと思います。


 その日は会社がお休みの土曜日。

 朝起きてテレビのスイッチを入れると、鼻がつまったようななんかおかしい感じ。

 しかし鼻がつまっているわけではありません。

 耳がなんかおかしいぞということで

 片耳をふさいでテレビに耳を傾けます。

 右耳をふさぐと全然聞こえません。


 この時代、私に突発性難聴の知識はありません。

 ですが耳が聞こえなくなっては一大事です。


 あわてて土曜日に診療を行っている耳鼻咽喉科をさがしていきました。

 その日から毎日ステロイドの点滴治療です。

 入院施設のない医院だったので毎日通いました。

 平日は仕事帰りによって点滴治療。


 どのくらいの間通ったかは覚えがありません。

 しかしながら治療開始が早かったせいか、今では全く後遺症はありません。

 むしろ、どちらの耳が突発性難聴になったかわからないくらいです。


 私も後から知ったのですが、突発性難聴の治癒には早い治療開始が一番大事なのだとか。

 私の場合も仕事のない土曜日発症だったのが良かったが、平日だとなかなか病院に行かなかったかもしれません。

視野検査の結果は問題なし

 早いもので、もう12月。

 今年は私にとって大きな決断と出来事が起こった一年でした。

 一年の振り返りはもうちょっと後にして、今年もあと少しです頑張りましょう。


 昨日は眼科で視野検査を受けてきました。


 交通事故によって外傷をうけている私の眼は緑内障と同様の症状が出る疑いが濃いわけで

 眼圧に異常がない場合でも緑内障である場合がある。


 そういった場合、知らぬ間に視野が欠けていたり狭くなっていたりと症状が進む場合がある様子。

 私の場合も眼圧を下げる点眼薬を処方されておるのだが、何年も何もせずに放ってあった。


 長いこと放ってあったという事情もあり、今回視野の検査を行ったわけである。

 結果的には問題がなかった。


 問題がなかったから良かったが、今回からは点眼薬もきちんとさしていこうと思うわけである。


プロフィール
忍者AdMax
Ads by 忍者AdMax
free counters
スポンサーリンク
カウントダウンタイマー
最新コメント
記事検索
カスタム検索
カウントダウンタイマー